[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [リッチテキストフィールド内の添付ファイルをファイルに保存する]




リッチテキストフィールド内の添付ファイルをファイルに保存する


リッチテキストフィールド内のすべての添付ファイルをファイルとしてディレクトリに保存するサンプルコードを紹介します。
rtitem(リッチテキストクラス) の EmbeddedObjects の ExtractFileメソッドを使用します。

以下の例では、testRichField フィールド内の添付ファイルをc:\tempへ保存します。


Dim ws As New NotesUIWorkspace
Dim doc As NotesDocument
Set uidoc = ws.CurrentDocument
Set doc = uidoc.Document

Set rtitem = doc.GetFirstItem( "testRichField" )
If ( rtitem.Type = RICHTEXT ) Then

If Isarray(rtitem.EmbeddedObjects) Then

Forall o In rtitem.EmbeddedObjects
If ( o.Type = EMBED_ATTACHMENT ) Then
Call o.ExtractFile( "c:\temp\" & o.Source )
Call doc.Save( False, True )
End If
End Forall
End If
End If



(注意)文書は一度保存されている必要があります。

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSVRGU_9.0.1/basic/H_EXTRACTFILE_METHOD.html

添付ファイルをディスクにコピーします。





本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]