[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [$$HTMLHead でノーツドミノの head タグを設定する]




$$HTMLHead でノーツドミノの head タグを設定する


ノーツドミノサーバが自動生成するheadタグを使用せず、設計者がhead タグを指定する方法を紹介します。
編集可能フィールド、あるいは計算結果フィールドとして$$HTMLHead フィールドを使用します。その中にタグを指定します。
例えば以下のように指定します。

<title>test</title>


その他以下のようなタグがあります。

http-equiv="Content-Language"
http-equiv="Content-Type"
http-equiv=”refresh”
name="keywords"
name="description"





本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]