[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [データベース内の各文書のフォーム名を確認するサンプルコード]




データベース内の各文書のフォーム名を確認するサンプルコード



以下はデータベース内のすべての文書に関して、指定したフォームで作成した文書を探して処理を行うサンプルコードです。
変数 field にフォーム名が格納されています。この値をチェックすることによりデータベース内の指定したフォームで作成した文書に対する処理を記述することが可能です。(文書 = ドキュメントです)


Dim session As New NotesSession
Dim db As NotesDatabase
Dim collection As NotesDocumentCollection
Dim doc As NotesDocument
Set db = session.CurrentDatabase
Set collection = db.AllDocuments

'yourformnameに処理を行いたいフォーム名を代入
Set form=db.GetForm("yourformname")

For i = 1 To collection.Count
Set doc = collection.GetNthDocument( i )

Forall field In form.Fields
fieldCount = fieldCount + 1
temp=doc.GetItemValue(field)
'fieldにフィールド名が格納
'temp(0)にフィールドの値が格納
End Forall
Next



(補足)Lotus Script を使用しています。(VBを Notesに拡張した言語です。)




本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]