[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [ロータススクリプト上でEvaluateにより@関数を実行する]




ロータススクリプト上でEvaluateにより@関数を実行する


ロータススクリプト上より、@関数を使用して計算する方法を紹介します。ロータススクリプトはVisualBasicライクな便利な機能ですが、@関数やノーツ式のようなリスト形式の処理では使いにくい面があります。そのような場合にはここで紹介する方法を利用するとよいでしょう。

ロータススクリプトの Evaluateを使用します。戻り値は配列形式で返されます。

以下の例では、ロータススクリプト上より@left(field1;2)を計算しています。


Dim ws As notesuiworkspace
Dim uidoc As notesuidocument
Dim doc As notesdocument
Dim retStr As Variant
Set ws = New notesUIWorkspace
Set uidoc=ws.CurrentDocument
Set doc=uidoc.document

retStr=Evaluate("@left(field1;2)",doc)
Messagebox retStr(0)



(補足)Lotus Script を使用しています。(VBを Notesに拡張した言語です。)




本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]