[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [リッチテキストフィールドからテキストのみを取り出すサンプルコード]




リッチテキストフィールドからテキストのみを取り出すサンプルコード


ノーツ文書のリッチテキストフィールドから、テキストのみを取り出すサンプルコードを紹介します。richTextItem クラスの GetFormattedText メソッドを使用します。

以下のサンプルコードではリッチテキストフィールド(field1)からテキストのみをとりたし、他のテキストフィールド(field2)に値を代入しています。


Dim workspace As New NotesUIWorkspace
Dim uidoc As NotesUIDocument
Dim richTextItem As NotesRichTextItem
Dim doc As NotesDocument
Set uidoc = workspace.CurrentDocument
Set doc = uidoc.Document

Set richTextItem = doc.GetFirstItem("field1")
textItem = richTextItem.GetFormattedText(False,0)
doc.field2 = textItem
Call doc.Save(True,False)



(注)文書は一度以上保存されている必要があります。保存されていない場合には「O001 オブジェクト変数が設定されていません」というエラーが発生します。


GetFormattedTextのパラメータは以下を参照してください。

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSVRGU_9.0.1/basic/H_GETFORMATTEDTEXT_METHOD.html

Parameters

tabstrip

Boolean. If True, tabs are replaced by spaces in the resulting plain text. If False, tabs are retained.

lineLength%

Integer. Number of characters at which to wrap (carriage return and line feed) lines of text. Zero means 80 characters. Words without white space are not wrapped.





本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]