[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧] - [日付(フィールド値)から「和暦と年」を求める@関数のサンプル]




日付(フィールド値)から「和暦と年」を求める@関数のサンプル


西暦表示(2018/11/15など)から和暦表示(平成30)を計算する@関数のサンプルコードを紹介します。
以下のサンプルでは日付(date1)から「和暦と年」を計算しています。


@if(
date1>[1989/01/07];"平成"+@text(@year(date1)-@year([1989/01/08])+1);
date1>[1926/12/24];"昭和"+@text(@year(date1)-@year([1926/12/25])+1);
date1>[1912/07/29];"大正"+@text(@year(date1)-@year([1912/08/30])+1);
date1>[1868/09/07];"明治"+@text(@year(date1)-@year([1868/09/08])+1);
"その他" )




必要に応じて平成の次の和暦のコードも追加してください。

(補足)@関数を使用しています。




本ページは IBM Lotus Notes Domino (ロータスノーツドミノ)を対象としています。 基本的には Notes 4,5,及び6以後を対象としていますが、バージョンによっては対応していない場合があります。 lotus scriptや @関数 (@コマンド)を対象としていて、VB Scriptには対応していません。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)

[ホーム] - [ノーツドミノ プログラミングサンプル一覧]