[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

ServeRaid Managerで自動コピーバックの設定はどうするべきか



スポンサーリンク


まずコピーバックの意味は以下の通りです。

Raid構成のディスク内でディスク障害が発生した場合、hostspareディスクが準備されていれば自動的にリビルドが発生します。その後故障ディスクを交換すれば、ServeRaid が新ディスクを認識し、自動的にリビルドの逆が実行され元のディスク構成に戻ります。
自動コピーバックとは、このコピーバックを自動で行う方式です。その他手動でコピーバックを行う方法や、コピーバックは行わず、Raidとhotspareディスクの位置をそのまま(障害発生前と異なる位置)して運用する方法などがあります。

自動コピーバックは便利な機能ですが、故障ディスクのステータスが何らかの原因で正常に戻り、故障ディスクに対してコピーバックが走る危険性があります。通常は自動コピーバックの設定は行いません。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]