[トップページへ] [Windows XP FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows XP

MSOCacheとは。MSOCache以下の不要ファイルを削除してディスク容量を空けるには



スポンサーリンク


MSOCacheとはMicrosoft Officeのローカル インストール ソースのことです。
ローカル インストール ソースとは、Microsoft Office 2003 のCD-ROM から Msocache フォルダにコピーされたインストール用のファイルです。

このファイルを削除するには「アクセサリ」「システムツール」の「ディスククリーンアップ」ツールを使用します。

「ディスククリーンアップ」ツールを起動すると、削除する項目に「Offce セットアップファイル」があります。これが MSOCache です。「Offce セットアップファイル」をチェックしてクリーンアップを実行すれば、MSOCache フォルダが削除されます。

(注)MSOCacheは完全には消去されないようです。MSOCache 以下が200M〜300Mある場合は 7M程度まで削除されます。MSOCache以下が 7M 程度の場合にはこれ以上削除されないよです。「ディスククリーンアップ」ツールを起動して表示した時、容量が「0」の場合はこれ以上削除されません。またMSOCacheを手動で削除することは出来ないようです。

参考:[OFF2003] ローカル インストール ソース (Msocache)

http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/825933/ja

最終更新日:2009/12/31


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows XP FAQ 一覧に戻る]