[トップページへ] [Windows Server 2012 R2 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows Server 2012 R2

BasicとStandardの違い | Microsoft Azure



スポンサーリンク



Microsoft Azure で仮想マシンを作成する場合、同じスペックのサーバでもBasicとStandardの2種類が表示されます。
BasicとStandardでは何が違うのでしょうか。
Basicでは負荷分散、オートスケーリング、メモリ高機能など使用しない経済低の高いサーバです。Basicは開発やテストとして使用する場合に良いでしょう。本番システムとしては不向きのようです。

2015年5月現在、以下の説明が表示されます。
Basic 層
負荷分散、オートスケーリング、メモリ消費量の多い仮想マシンのいずれも必要としない開発ワークロード、テスト サーバー、その他のアプリケーションの経済性の高いオプション。


Standard 層
最高の柔軟性。仮想マシンのすべての構成および機能がサポートされます。

最終更新日:2015/06/01


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows Server 2012 R2 FAQ 一覧に戻る]