[トップページへ] [Windows 7 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 7

別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません | 対処方法



スポンサーリンク



フォルダ名を変更したり削除しようとしたりした場合、以下のメッセージで操作が失敗する場合があります。

別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません

根本的な原因は、他のプログラムがこのフォルダ内のファイルを使用しているため、(フォルダ名を変更したり削除したりすると)そのプログラムの動作が異常となるため、操作に失敗するということです。
(ファイルを開いているのに、突然開いているファイルのフォルダを削除されたら困るということです。フォルダを削除するということは、ファイルそのものも削除されるため)
またユーザが開いていなくでも、OSが内部的にファイルを開いていて操作に失敗する場合も多くあります。(例えば写真のサムネイルを表示するため、サムネイル用のファイルを開いているなど)

以下の原因と対処が考えれます。

(1)ファイルを閉じる
良くある原因は、MS-Officeなどでそのフォルダ以下のファイルを開いている場合です。このファイルを閉じてから、再度実行してみます。

(2)エクスプローラを閉じる
起動しているエクスプローラが削除しようとしているフォルダかその下のフォルダ(サブフォルダ)を開いている場合は失敗します。エクスプローラを閉じてみます。

(3)パソコンを再起動する
パソコンを再起動することにより、他のプログラムが開いているファイルやフォルダを解除することができます。

(4)常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない
フォルダオプションの「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」をオフにします。
設定方法→エクスプローラのメニューより[ツール][フォルダオプション]の「表示」タブより選択します。(Windows 7の場合)

(5)エクスプローラのプレビューをオフにする
プレビューウィンドウをオフにします。
設定方法→エクスプローラの右上の「整理」より[レイアウト][プレビューウィンドウ]をオフにします。(Windows 7の場合)

(6)サムネイルのキャッシュをオフに
サムネイルのキャッシュをオフに設定します。設定はグループポリシエディタを使用します。
設定するポリシは以下の通りです。
「ユーザーの構成」「管理用テンプレート」「Windowsコンポーネント」「エクスプローラー」「非表示のthumbs.dbファイルで縮小表示のキャッシュを無効にする」

参考:グループポリシエディタの使用方法 (Windows 7の場合)

(7)セーフモードで起動する
セーフモードで起動し操作が可能か確認します。

(8)ツールを使用する
フォルダ名の変更や削除を強制的に行うツールがあります。そのツールを使用してみます。

(9)ネットワーク経由で開かれていないか確認する
フォルダを共有している場合、ネットワーク経由でファイルやフォルダが開かれている場合があります。共有を停止してから確認します。

(10)openfiles ツールで確認する
Windows 標準ツールの openfiles ツールで誰が開いているか確認して対処します。

参考:openfiles コマンドでファイルを開いているプロセスを調べる

(11)アンチウィルスソフトを一時的に無効化する
アンチウィルスソフトがファイルやフォルダを開いている場合があります。一時的に無効化します。
注意:確認が終わったら必ずウィルスソフトを有効化します。


参考リンク:

http://support.microsoft.com/kb/2025703/ja



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 7 FAQ 一覧に戻る]