[トップページへ] [Windows 7 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 7/Windows 2008

ベーシックディスクとダイナミックディスクの違いは



スポンサーリンク



ベーシックディスクとダイナミックディスクの違いは以下の通りです。(2014年1月現在)

(1)ベーシックディスク
・パーティションは最大4つまで作成可能。ただしその中の1つを拡張パーティションとして作成し、拡張パーティションの中に論理パーティションを複数作成することが可能。
・パーティションの拡張、縮小は可能。ただしベーシックディスクの場合は直後に連続した空き容量がある場合のみ拡張が可能。

(2)ダイナミックディスク
・パーティション数は無制限です。
・パーティションを自由に拡張、縮小することが可能。
・ソフトウェアとしてのミラーリング、ストライピングなどが可能。(ハードウェアRAIDはもちろんベーシックディスクでも可能)


(3)その他
・一つのハードディスクでベーシックディスク、ダイナミックディスクの両方のパーティションを作成することは不可。
・同一のPCでハードディスクごとにベーシックディスク、ダイナミックディスクを混在することは可能。
・データを保全したまま、ダイナミックディスクをベーシックディスクに戻すことは不可。




スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 7 FAQ 一覧に戻る]