[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

Windows Server 2008 ターミナルサービスの新機能の概要は



スポンサーリンク



Windows Server 2008 ターミナルサービスでは従来のターミナルサービスと比較して機能が大幅に追加されています。

(1)ターミナルサービスリモートアプリケーション (TS RemoteApp)
ターミナルサービス側にインストールされたアプリケーションの画面だけをクライアント側に表示する。従来ではデスクトップすべての画面が表示されていた。サーバ側の負荷が低減される。

(2)ターミナルサービスWebアクセス (TS Web Access)
Remote App あるいはターミナルサービスデスクトップへの接続をWebブラウザ経由で提供する。

(3)ターミナルサービスゲートウェイ (TS Gateway)
インターネットから https経由でアクセスを提供する。

(4)ターミナルサービス セッションブローカー (TS Session Brocker)
ターミナルサービスへの負荷を分散する。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]