[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

サーバを誰もシャットダウン(停止)出来なくする方法。administratorsでもシャットダウン不可。



スポンサーリンク



例えば遠隔地に設置されていて、かつリモートコントロールソフトウェアがインストールされていないサーバ)の場合、誤ってサーバを停止させると電源オンするために遠隔地に行かなくてはいけない場合があります。この場合、たとえadministrators グループでもOSをシャットダウンさせたくない場合があります。このようにサーバを誰もシャットダウンさせなくする設定に関して説明します。

1.シャットダウン禁止にする方法
(1)セキュリティポリシの「ユーザ権利の割り当て」の「システムのシャットダウン」ですべてのグループを削除する。(administratorsグループも削除する)
(2)OSを再起動する。 (gpupdate /forceでは適用されないようです。一度再起動が必要のようです。)
(3)OSの再起動後すると以下の状態になっています。

・メニューで「シャットダウン、再起動がグレーアウトされる」

(4)その後、 shutdown -i でlocalサーバのシャットダウンを実行しても以下のエラーでてシャットダウンが不可能となります。
localhost:アクセスが拒否されました (5)


2.設定を元に戻す場合
(1)グループポリシの「ユーザ権利の割り当て」の「システムのシャットダウン」でグループを割り当てます。(例えばadministratorsなど)
(2)gpupdate /force を実行します。
(3)一度ログオフし再度ログオンします。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]