[ホーム] - [Windows 10 FAQ 一覧] - [実態の無いLANカードを仮想的に装着する Microsoft KM-TEST Loopback Adapter とは何か]

対象:Windows 10

実態の無いLANカードを仮想的に装着する Microsoft KM-TEST Loopback Adapter とは何か





仮想的にLANアダプタ


例えば LAN カード、無線LANカードが装着されていないPCで仮想的にLANカードを装着したい場合もあるでしょう。
例えばIPアドレスをアサインしてテストをする場合です。一般的にLANカードが装着されていないと IP アドレスをアサインできないからです。
そんな場合に便利なのが、Windows 10 標準で用意されている"Microsoft KM-TEST Loopback Adapter"です。

インストール手順


デバイスマネージャーからインストールします。

(1)devmgmt.msc でデバイスマネージャを開きます。
(2)[挿入][レガシーハードウェアの追加]を選択します。
(3)[次へ]
(4)[一覧から選択したハードウェアをインストールする]を選択し[次へ]
(5)[ネットワークアダプタ]を選択し[次へ]
(6)[Microsoft] - [Microsoft KM-TEST Loopback Adapter ]を選択し[次へ]

MS ループバックアダプタをインストールする



以上がインストールが完了します。



MS-LOOPBACK


Windows NT4.0時代は"MS-LOOPBACKアダプタ"という名前のダミーのLANカードでした




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]