[トップページへ] [Windows 2003 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2003/Windows XP/Windows 2000

'/MyADONETDemo' アプリケーションでサーバー エラーが発生しました




【質問】
SQL+ASP+VC.netで開発中に以下のエラーが発生
'/MyADONETDemo' アプリケーションでサーバー エラーが発生しました。
ユーザー 'SERVERNAME\ASPNET' はログインできませんでした。

説明 : 現在の Web 要求を実行中に、ハンドルされていない例外が発生しました。エラーに関する詳細および例外の発生場所については、スタック トレースを参照してください。

例外の詳細: System.Data.SqlClient.SqlException: ユーザー 'SERVERNAME\ASPNET' はログインできませんでした。

ソース エラー:
行 98: ' ページを初期化する ユーザー コードをここに挿入します。
行 99: If IsPostBack = False Then
行 100: SqlDataAdapter1.Fill(MyDS)
行 101: DataGrid1.DataBind()
行 102: End If

ソース ファイル : d:\inetpub\wwwroot\MyADONETDemo\WebForm1.aspx.vb 行 : 100
スタック トレース:

[SqlException: ユーザー 'SERVERNAME\ASPNET' はログインできませんでした。]
System.Data.SqlClient.SqlConnection.Open() +761
System.Data.Common.DbDataAdapter.QuietOpen(IDbConnection connection, ConnectionState& originalState) +44
System.Data.Common.DbDataAdapter.Fill(Object data, Int32 startRecord, Int32 maxRecords, String srcTable, IDbCommand command, CommandBehavior behavior) +98
System.Data.Common.DbDataAdapter.Fill(DataSet dataSet, Int32 startRecord, Int32 maxRecords, String srcTable, IDbCommand command, CommandBehavior behavior) +77
System.Data.Common.DbDataAdapter.Fill(DataSet dataSet) +38
MyADONETDemo.WebForm1.Page_Load(Object sender, EventArgs e) in d:\inetpub\wwwroot\MyADONETDemo\WebForm1.aspx.vb:100
System.Web.UI.Control.OnLoad(EventArgs e) +67
System.Web.UI.Control.LoadRecursive() +29
System.Web.UI.Page.ProcessRequestMain() +724

バージョン情報 : Microsoft .NET Framework バージョン :1.0.3705.0; ASP.NET Version:1.0.3705.0

【回等】
このデータに対するアクセス許可がありません。「ASPNET はログインできませんでした」というエラーがブラウザに表示される場合は、セキュリティの設定に問題があります。

ASP.NET のアプリケーションではデフォルトでは「ASPNET」というユーザーで実行されます。「ASPNET」にデータベースへのアクセス権を追加する必要があります。

SQL Server Enterprise Manager のメニューで [Microsoft SQL Server]-[SQL Server グループ]-[(local)]-[セキュリティ]-[ログイン] を選択します。右クリックして [新規ログイン...] をクリックし、次のように設定します。

名前:ASPNET
ドメイン:サーバー名
(注)ASP.NETアプリケーションのユーザ名がデフォルト名の「ASPNET」ではない場合はその名前をそのまま指定します。

[OK]をクリックします。



スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 2003 FAQ 一覧に戻る]