[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

"暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する"とはどういう意味か



スポンサーリンク



セキュリティオプションの「アカウントのポリシー」「パスワードポリシー」で"暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する"を有効かした場合、各ユーザのパスワードはハッシュ化されず実質的にそのままのパスワードでOSに記録されます。逆にハッシュ化されている場合(暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する=無効)、いかなる手段でも元のパスワードに復元することは出来ません。

OSはパスワードそのものを記録していなくても、ハッシュ化された状態でもパスワードによる認証は可能です。
一部のアプリケーションではこのオプションが有効である必要がありますが原則としてはこのオプションは無効にすることが推奨されています。Windows Server 2008 R2ではデフォルトでは無効に設定されています。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]