[トップページへ] [Windows 7 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 7

各ユーザー アカウントにはユーザ名に加えて一意の識別子が存在します。ユーザー アカウントを削除するとその識別子も削除され、同じユーザーで新たにアカウントを作成しても、その識別子は復元できません。このため、ユーザーが現在アクセス許可を持つリソースにアクセスできなくなる可能性があります。ユーザー <ユーザ名> を削除しますか?



スポンサーリンク



ユーザアカウントを削除しようとすると、以下の警告が表示される場合があります。

各ユーザー アカウントにはユーザ名に加えて一意の識別子が存在します。ユーザー アカウントを削除するとその識別子も削除され、同じユーザーで新たにアカウントを作成しても、その識別子は復元できません。このため、ユーザーが現在アクセス許可を持つリソースにアクセスできなくなる可能性があります。ユーザー <ユーザ名> を削除しますか?

これの意味は以下のとおりです。
・ユーザは一度削除すると、絶対に同じものは復元できない。なぜなら各ユーザはIDを保有(識別子)を保有しているが、同じユーザ名でユーザを作成しても違うIDが割り当てられるから。
・ユーザを一度削除し、同じユーザ名で作成しても、フォルダなどのアクセス権はユーザプロファイルは引き継がれない。


不要なユーザが発生した場合は、一度ユーザを無効化(ログイン不可)し様子を見るとよいでしょう。その後、確実にユーザが不要であることが確定したら削除してください。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 7 FAQ 一覧に戻る]