[トップ] - [Windows 10 FAQ 一覧]

対象:Windows 10

他のコンピュータから、net view で非表示となる共有名





見えない共有名を作る



共有フォルダはとても便利ですが、例えパスワードで保護しても「共有フォルダの存在」が他人に知られてしまうため、気持ちの良いものではありません。

見えない共有フォルダを作成するには、共有フォルダ名の最後に $ を付けます。例えば MyFolder$ という名前の共有フォルダを作成すれば、ネットワークコンピュータよりあなたのコンピュータは表示されても共有フォルダは表示されません。

ただしこれはあくまでもネットワークコンピュータ等(あるいは net viewなど)より資源が見えないだけであり、実際にはアクセスすることが可能です。

例えば「ファイル名を指定して実行」で 

\\コンピュータ名\共有フォルダ名

と入力すれば、例え共有フォルダ名に $ がついていたとしてもアクセスが可能となります。よって $ をつけて共有フォルダを隠したとしても、パスワードで保護することは忘れないでください。

隠し共有名のサンプル


サンプルを表示します。
以下のように temp、temp2$という共有名を設定しています。


C:\>net share | findstr temp
temp2$ c:\temp2
temp c:\temp



net view で表示すると temp のみ表示されます。隠し共有名の temp2$ は表示されません。

C:\>net view \\127.0.0.1
\\127.0.0.1 の共有リソース
共有名 タイプ 使用 コメント

-------------------------------------------------------------------------------
temp Disk




共有名 タイプ 使用 コメント

-------------------------------------------------------------------------------
temp Disk
コマンドは正常に終了しました。




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]