[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

DATへのシステムフルバックアップとディスクへのシステムフルバックアップの違いに関して



スポンサーリンク



DAT (DDS72など)へのシステムバックアップは、色々と不都合、問題があります。

・1台ごとにDATデバイスを購入する必要がある。(ただし特殊なソフトウェア、デバイスを使用すれば共有することも可能だが高価)
・Windows Server 2008 では、システムバックアップはDATサポート対象外となった。(DVDやハードディスクのみ。ただしDVDはシステム領域のみ対象)
・DATメディアの保管にコストがかかる。特にセキュリティの面より厳重な管理が必要。メディアは紛失、盗難され易い。
・バックアップ取得時間が長い。

ネットワーク経由のNASへのバックアップはメリットが多数です。

・複数サーバでバックアップ先としてNASを共有が可能。
・バックアップが早い。(1G イーサネットでWindows Server 2008 R2のバックアップや20分弱。

ただし一般的にはNASは高価です。Windows Storage Server 2008などは安価で良いでしょう。ただしこの場合、アンチウィルスやセキュリティパッチ適用運用が必要となります。




スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]