[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

physical key と Virtual key の違いは(Windows Server 2008 R2 のプロダクトキー)



スポンサーリンク



Windows Server 2008 R2 プロダクトキーのphysical key と Virtual key の違いは以下のとおりです。

・OEM版あるいはFPP版には 通常の Product key 以外に Virtual key も与えられる。
・Virtual key は Windows Server 上の仮想環境のライセンス。
・Virtual key はCPUやメモリ構成など変更しても再Activation が不要。
・Virtual keyを使用した OSは他の仮想環境に移動が可能。移動の時に再Activation は不要。
・Virtual keyで同時に稼動可能な OS 数は以下のとおり。
Standard 1
Enterprise 4
Datacenter any number
Itanium any number

ただしStandard と Enterpriseではphysical keyを最大数使う場合にはphysical keyは仮想環境の管理のみに使用可能。


参考:Description of the changes that were made to the product activation process for Windows Server 2008 in a virtual operating system environment
http://support.microsoft.com/kb/949748/en-us?fr=1




スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]