[トップページへ] [Windows 8 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 8

バイナリ変換は、このプラットフォームでのロングモードには対応していません。ロング モードを無効にしています。ロング モードのサポートがないと、仮想マシンは64ビット コードを実行できません。詳細については、http://vmware.com/info?id=152 を参照してください。



スポンサーリンク



VMware Playerを実行した場合、以下のエラーが表示されてVMware Playerが実行に失敗することがあります。

バイナリ変換は、このプラットフォームでのロングモードには対応していません。ロング モードを無効にしています。ロング モードのサポートがないと、仮想マシンは64ビット コードを実行できません。詳細については、http://vmware.com/info?id=152 を参照してください。

この場合は、パソコンのBIOS機能の設定で仮想化機能(VT機能、Virtualization technology機能)が無効に設定されている可能性があります。(あるいは仮想化そのものがサポートされていない、古い世代のパソコンの可能性があります)
BIOSの設定を確認してください。BIOSは機種によりますが、例として以下の様な設定項目となります。

Virtualization technology →[使用する]
仮想化テクノロジ→[有効]

などパソコンにより異なります。

これは実行しようとしている仮想化ゲストが64ビットOSであるが、VMware Player マシンを実行するパソコンのBIOS設定で仮想化機能がオフになっている場合に表示されます。
この警告を無視して先に進むことは可能ですが、途中でOSの起動に失敗します。


VMware Player バージョン:5.0.2 build-1031769



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 8 FAQ 一覧に戻る]