[トップページへ] [Windows 7 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 7/Windows 98

なぜ"登録されている拡張子は表示しない"をオフにする必要があるのか



スポンサーリンク



Windows エクスプローラの設定で登録されている拡張子は表示しないをオフにすることは重要です。
なぜならこのオプションがオフの場合は、exeなどの拡張子が非表示となり、悪意のユーザがexeファイルをドキュメントに偽装させて善意のユーザに実行させることが可能となる可能性があるためです。例えばファイル名を案内.doc.exeと設定した場合、登録されている拡張子は表示しないがオンの場合はユーザには案内.docのように見えてしまいます。

よって例えば悪意のユーザがこのファイルをメールに添付した場合、ユーザはwordドキュメントと勘違いして実行してしまう可能性があります。

このオプションはオフにしましょう。手順に関しては以下を参照してください。

参考:
エクスプローラですべてのファイルが表示される設定

なぜ

最終更新日:2014/06/30


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 7 FAQ 一覧に戻る]