[トップページへ] [Windows 7 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 7

Excel 2007 でマクロを有効にする方法 (セキュリティ設定によりマクロが無効にされました)



スポンサーリンク


Excel 2007でマクロを実行しようとした場合に"セキュリティ設定によりマクロが無効にされました"のエラー表示でマクロが実行できない場合があります。その場合にはマクロを有効にする必要があります。

Excel 2007 でマクロを有効にする方法は以下の方法で行います。

(1)excel 2008 の左上のアイコンをクリックします。メニューが表示されます。
(2)メニューの右下にある "Excelのオプション"をクリックします。
(3)"セキュリティセンター"をクリックします。
(4)"セキュリティセンターの設定"ボタンをクリックします。
(5)"マクロの設定"をクリックします"。
(6)"マクロの設定"で任意のマクロ設定に変更します。

セキュリティの観点より、マクロを実行した後は設定を元に戻すことを推奨します。
Excel2003ではマクロのセキュリティを"高、中、低"で分類していましたが、Excel2003からは概念が変更となりました。
Excel 2003と違い、Excel2007ではマクロセキュリティが以下のとおりの選択となりました。


●警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする
●警告を表示してすべてのマクロを無効にする(デフォルト)
●デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする
●すべてのマクロを有効にする(推奨しません)

基本的にすべて無効であり、デフォルト設定も無効です。必要なマクロの実行が終了したら設定は元に戻すのが良いでしょう。



最終更新日:2013/02/13


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows 7 FAQ 一覧に戻る]