[トップページへ] [Windows 8 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 8

"プログラムのアンインストールまたは変更" (コントロールパネル内) を空にする方法



スポンサーリンク



コントロールパネル内の「プログラムと機能」「プログラムのアンインストールまたは変更」 よりインストール済みのプログラムを変更したり削除したりすることが可能です。

レジストリを変更すると、これらの一覧を非表示にすることが可能です。例えadministrators グループのユーザでもインストール済みのプログラムをここから
削除したり変更したりするのを防止することが可能です。
(ただし別途プログラムがアンインストール用のプログラムを用意している場合はこのページの設定によりアンインストールを防止するkとはできません。)

(1)レジストリエディタを起動します。(regedt32.exe)
(2)以下のキーに移動します。

キー:HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID
値:{352EC2B7-8B9A-11D1-B8AE-006008059382}

(3)キーのバックアップを取得します。
(右クリックから[エクスポート]を選択します。)

(4)キーの所有者をTrustedInstaller から administratorsに変更します。(右クリックして[アクセス許可]を選択。その後[詳細設定]をクリック。)

(5)アクセス権で administrators にフルコントロールを付けます。

(6)キーの名前を適当なキーにrenameします。
例:backup_{352EC2B7-8B9A-11D1-B8AE-006008059382}

(7)コンピュータを再起動します。

(8)その後、コントロールパネル内の「プログラムと機能」「プログラムのアンインストールまたは変更」を確認してください。
インストールされたプログラムの一覧が表示されません。

(*)元に戻すには、バックアップしたファイルによりレジストリを元に戻します。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 8 FAQ 一覧に戻る]