[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

共有接続で"指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションはすでに終了している可能性があります。"



スポンサーリンク



1.障害内容


KB3189866 (バージョン 1607)などを適用した後、外部ストレージであるNASなどの共有接続に失敗する現象が発生しているようです。

\\<ホスト名 あるいは IPアドレス>\共有名

【メッセージ】
指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションはすでに終了している可能性があります。
この接続は復元されませんでした。

【英語メッセージ】
A specified logon session does not exist. It may already have been terminated.


2.原因


これは更新プログラム(Windows Update) 適用により、NASへの接続の「資格情報」が失われたことだと考えられます。
「資格情報マネージャー」で資格情報を再作成すると接続できるようになります。


3.復旧手順


(1)[コントロールパネル]→[ユーザーアカウント]→[資格情報マネージャー]を実行します。(表示方法=「カテゴリ」の場合)
(2)[Windowsの資格情報を選択。
(3)[Windowsの資格情報の追加]を選択。
(4)以下を設定します。

インターネットまたはネットワークのアドレス:接続するNASのアドレスを入力します。
ユーザ名:接続に使用するユーザ名を設定します。(例:NASのマニュアルを確認)
パスワード:上記ユーザ名に設定したパスワードを設定します。




(5)Windows PCを再起動します。資格情報が設定されているため、NASに接続できるようになります。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]