[トップページへ] [Windows Server 2012 R2 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows Server 2012 R2

WMVCore.DLL が見つからないためプログラムの起動に失敗しました。この問題を解決するためにプログラムを再インストールしてくださいと表示される。



スポンサーリンク



Windows Server 2012 で動画関連のソフトウェアを動作させようとすると「WMVCore.DLLがコンピュータに見つからないため、プログラムの起動に失敗しました」と表示される場合があります。
これはデフォルトではWindows Server 2012には Windows Media Player がインストールされないためです。
Windows Media Player をインストールするには、サーバマネージャーの「機能」で「ユーザーインターフェースとインフラストラクチャ」の「デスクトップエクスペリエンス」を追加します。
(同時に「メディア ファンデーション」機能も追加します)
再起動するメッセージが表示されるため、指示に従い再起動します。再起動後に動画ソフトが使用可能か確認してください。

Windows Server 2012 R2で「デスクトップエクスペリエンス」機能を追加すると、以下の機能が使用可能となります。

・Windows Media Player
・Windows 用ビデオ
・Windows SideShow
・ディスク クリーンアップ
・同期センター
・サウンド レコーダー
・文字コード表
・Snipping Tool
・デスクトップ アプリ
・Windows ストア
・PC 設定 (設定チャームに追加)
・ロック画面でのスライド ショーの再生機能
・統合検索

最終更新日:2015/03/01


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows Server 2012 R2 FAQ 一覧に戻る]