[トップページへ] [用語集 FAQ 一覧に戻る]

対象:用語集

クラスタギャップとは



スポンサーリンク



クラスタギャップとは実際に使用しているデータの大きさとディスクを消費している量の差。
Windowsではハードディスクは固定した大きさのクラスタというサイズで区切られる。
(OSとしてはクラスタは固定した大きさの方がアクセスしやすく性能が向上するため)

例えばクラスタサイズを4Kとすると1Kのファイルを保管するのも4K使用する。
要するに4K-1K=3K のサイズは使用されず無駄になる。

このギャップのことをクラスタギャップと呼ぶ。
クラスタギャップは小さければ小さいほど良いが、セクタサイズを小さくするとファイルの読み込みや書き込みの性能に悪影



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[用語集 FAQ 一覧に戻る]