[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

"存在しないトークンを参照しようとしました"の原因と対処





エラーの内容


Windows 10 へアップデートしたところ、以下のエラーで Windows が動作しない場合があります。

存在しないトークンを参照しようとしました

英語メッセージは An attempt was made to reference a token that does not exist

原因


このエラーが発生する場合、システムに深刻なエラーが発生していることが予想されます。
以下のような原因が考えられます。

(1)ファイルシステムやその他設定に異常がある状態でWindows Updateを実行した。
(2)Windows の不具合で破損が発生した。
(3)プロファイルが破損した。

対処


(注)まずは安全のため、可能な限り個人のファイルを外部媒体にバックアップすることをおすすめします。

(1)コマンドプロンプトが開く場合は以下のコマンドを実行する。
(*)コマンドプロンプトが開かない場合は、セーフモードで起動して実行する。
以下によりシステムの修復を試みる。


C:\>DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth




C:\>sfc /scannow



(2)
[Shift]キーを押しながら再起動を実行する。そこで回復メニューが表示されたら初期化を実行する。
(*)追加インストールしたアプリが消えてしまう点に注意。また最後の選択肢で「すべて削除する」を選択しないこと。すべてのデータが削除されてしまう。

個人データを残してPCをリフレッシュする



(3)
新しいユーザを作成してそのユーザでサインインして改善するか確認します。
管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。temp user というユーザを作成し、パスワードを !Aa123456 に設定します。(パスワードは任意)


C:\>net user tempuser !Aa123456 /add



サインアウトしてこのユーザでサインインして改善するか確認します。

不要になったら作成したユーザは削除します。


C:\>net user tempuser /delete
コマンドは正常に終了しました。

C:\>net user | findstr tempuser




(4)
リカバリ、あるいは新規インストールを行います。
一番確実な方法ですが、個人データやインストールしたアプリなどすべて消去されます。設定も全て元に戻ります。
個人ファイル(写真、メール、パスワードなど)事前のバックアップが必要です。

参考:
Windows 起動トラブル対応まとめ





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]