[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

"認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。"でリモートデスクトップに接続できない





リモートデスクトップの接続エラー


リモートデスクトップクライアント(以下クライアント)からリモートデスクトップサーバ(以下サーバ)に接続しようとしたところ以下のエラーで失敗する場合があります。

"認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。"でリモートデスクトップに接続できない


原因


クライアントとサーバの間でリモートデスクトップ接続の認証関連の機能(認証プロバイダ(CredSSP))に差異が発生しました。原因はWindows Updateによる更新プログラムの適用です。
2018年5月のUpdateで古いCredSSP機能が使用できなくなりました。
クライアント側、サーバ側で両方とも最新のWindows Updateを適用すれば問題ありません。接続が可能となります。


参考:
2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/


対策


両方とも最新のWindows Updateを適用します。
適用できない場合は接続元で以下のバッチを実行することにより回避可能可能です。ただしセキュリティレベルが下がるため注意してください。再起動の必要はありません。


C:\>REG ADD HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\CredSSP\Parameters /v AllowEncryptionOracle /t REG_DWORD /d 2





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]