[トップページへ] [Windows 7 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 7

SearchIndexer.exe のCPU使用率が高くなりパソコンが重くなる場合の対処



スポンサーリンク



突然パソコンのハードディスクが激しく動き出し、パソコンが重くなる場合があります。
タスクマネージャでCPU使用率が高いプロセスを確認すると、以下のプロセスが表示されます。

・SearchFilterHost.exe
・SearchIndexer.exe
・SearchProtocolHost.exe

これは"Windows Searh (Windows デスクトップ検索)"機能が動作して、ローカルハードディスクの検索用の索引の作成が開始されたのが原因です。

Windows Searh (Windowsデスクトップ検索)とは、ローカルハードディスク検索を早くするため、事前に内容をチェックし索引を作成しておく機能です。このサービスを使用すると、ローカルディスクに検索のインデックスが作成されるため、検索時の処理が向上します。
よって、ローカルハードディスクの検索を行わない、あるいは検索しても低速でかまわないなら、このサービスを無効化してもかまいません。
このサービスは突然動き出し、パソコンの処理が非常に遅くなるため、このサービスを停止することによる動作の軽量化は効果があります。

参考リンク:

Windows 7 不要なサービス
Windows 8 不要なサービス


(*)Windows Search とは
ローカルディスクのファイル、電子メールなどに対してコンテンツのインデックス作成する。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 7 FAQ 一覧に戻る]