[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

「お使いの資格情報は機能しませんでした。(コンピュータ名 あるいは ip アドレス) への接続に使用された資格情報は機能しませんでした。新しい資格情報を入力してください。」というエラーが表示されてリモートデスクトップの接続に失敗する



スポンサーリンク



Windows 7 や Windows Vista からWindows Server 2008 R2のリモートデスクトップに接続した場合、以下のエラーが表示される場合があります。

「お使いの資格情報は機能しませんでした。(コンピュータ名 あるいは ip アドレス) への接続に使用された資格情報は機能しませんでした。新しい資格情報を入力してください。」


これは リモートデスクトップサーバがドメインに参加していない場合に発生します。Windows Vista / Windows 7 のリモートデスクトップはサーバ接続時にkerberos 認証を要求しますが、非ドメインのサーバはkerberos 認証をサポートしていないためです。

対応方法はリモートデスクトップサーバ側に証明書をインストールする、あるいはセキュリティ設定を弱めるなどがあります。詳細は以下を参照してください。

Problems using default credentials with Vista RDP clients with Single Sign-on Enabled:
http://blogs.msdn.com/b/rds/archive/2008/04/30/problems-using-default-credentials-with-vista-rdp-clients-with-single-sign-on-enabled.aspx


一番簡単な対処方法は以下のポリシー変更ですが、セキュリティが弱まるので十分な検討が必要です。
リモートデスクトップサーバ側のグループポリシで以下の設定変更を行ってください。

ポリシー:
ローカルコンピュータポリシ / コンピュータの構成 / 管理用テンプレート / システム / 視覚情報の委任 / NTLMのみのサーバ認証で規定の資格情報の委任を許可するを"有効"に設定する。

サーバ一覧に以下を追加する

TERMSRV/<サーバ名>



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]