[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

コマンドラインよりイベントログを操作する方法



スポンサーリンク



コマンドラインよりイベントログを操作する方法には wevtutilコマンドを使用します。


【例1:】アプリケーションイベントログをクリアする
wevtutil cl application


【例2】:セキュリティログを ファイルにバックアップする
wevtutil epl security c:\security.evt /ow:true



以下は wevtutil コマンドのヘルプです。

Windows イベント コマンド ライン ユーティリティ。

イベント ログおよび発行元に関する情報の取得、イベント マニフェストの
インストールおよびアンインストール、クエリの実行、ログのエクスポート、
アーカイブおよびクリアを実施できます。

使用法:

コマンドとオプション名は短いバージョン (ep /uni など) または
長いバージョン (enum-publishers /unicode など) を使用できます。
コマンド、オプションおよびその値は、大文字と小文字が区別されません。

変数はすべて大文字で記述しています。

wevtutil COMMAND [ARGUMENT [ARGUMENT] ...] [/OPTION:VALUE [/OPTION:VALUE] ...]

コマンド:

el | enum-logs ログ名を列挙します。
gl | get-log ログの構成情報を取得します。
sl | set-log 既存のログの構成を更新します。
ep | enum-publishers イベントの発行元を列挙します。
gp | get-publisher 発行元の構成情報を取得します。
im | install-manifest イベントの発行元とログをマニフェストから
インストールします。
um | uninstall-manifest イベントの発行元とログをマニフェストから
アンインストールします。
qe | query-events ログまたはログ ファイルからイベントを照会します。
gli | get-log-info ログ ステータス情報を取得します。
epl | export-log ログをエクスポートします。
al | archive-log エクスポートされたログを保管します。
cl | clear-log ログをクリアします。

一般的なオプション:

/{r | remote}:VALUE
指定すると、リモート コンピューター上でコマンドが実行されます。
VALUE はリモート コンピューターです。
オプション /im および /um はリモート操作をサポートしていません。

/{u | username}:VALUE
リモート コンピューターにログオンする別のユーザーを指定します。VALUE は
"ドメイン\ユーザー" または "ユーザー" の形式のユーザー名です。
オプション /r が指定されている場合にだけ適用できます。

/{p | password}:VALUE
指定されたユーザーのパスワードです。指定されていないか、VALUE に
"*" が指定されている場合、ユーザーはパスワードの入力を求められます。
オプション /u が指定されている場合にだけ適用できます。

/{a | authentication}:[Default|Negotiate|Kerberos|NTLM]
リモート コンピューターにアクセスするための認証の種類です。
既定値は "Negotiate" です。

/{uni | unicode}:[true|false]
Unicode で出力を表示します。true の場合、出力は Unicode です。

特定のコマンドの詳細については、次のコマンドを入力してください。

wevtutil COMMAND /?



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]