[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

fsutil file createnew で作成されるファイルの中身は何ですか



スポンサーリンク



Windows Server 2008 R2 では fsutil コマンドを使用して、指定のサイズでファイルを作成することができます。

fsutil file createnew <ファイル名> <サイズをバイトで指定>

例:以下ではtest.dat というファイル名で1Mのファイルを作成します。
fsutil file createnew test.dat 1000000

ファイルの中身はすべて "0x00"です。アスキーコードのゼロではなく、すべてのビットが0です。よって巨大ファイルを作成しメディアにコピーするような検証には向いていません。(DATやLTOにより圧縮されるため、書き込むサイズが極端に小さくなる。)このような場合には、別途ツールを使いランダムなファイルを作成する必要があります。

(*1)fsutil は管理者権限のコマンドプロンプトで実行してください。通常のコマンドプロンプトでは以下のエラーが出力され、fsutil が失敗します。

>fsutil
FSUTIL ユーティリティには管理者特権が必要です。

(*2)例えばLinuxなら以下のように中身がランダムなファイルを作成することが可能です。
dd if=/dev/urandom of=urandom<ファイル名> count=1024 bs=1024

最終更新日:2013/05/16


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]