[トップページへ] [Windows Server 2012 R2 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows Server 2012 R2

Azure のWindows Server 2012 を日本語化する



スポンサーリンク



Azure のWindows Server 2012 を日本語化する方法を紹介します。
デフォルトではAzure で構築されるWindows Server 2012 R2は英語版です。メニューの表示は全て英語ですし、メモ帳などでも日本語が正しく表示されません。
時刻も日本時刻で表示されません。それらを修正する方法を紹介します。

(1)コントロールパネルを起動する。

(2)「Language」を選択する。Languageは以下に存在します。
Control Panel\All Control Panel Items\Language

(3)「Add a Language」を選択する。

(4)日本語(Japanese)を選択する。

(5)「add」をクリックする。

(6)「Change your language preferences」で「日本語」を選択し「Move Up」をクリックする。

(7)「日本語」の右に表示されている options をクリックする。

(8)「Download and install language pack」をクリックする。
日本語環境のファイルのダウンロードが開始されます。

(9)サインアウト

(10)再びサインイン。ここでメニューなどは日本語表示されています。

(11)コントロールパネルを開く

(12)以下に移動
コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\言語

(13)左下の「場所」をクリック。

(14)「主な使用場所」で「日本語」を選択し[OK]をクリック。

(15)「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリック。

(16){場所」タブの「主な使用場所」で「日本」を選択し、[OK]をクリック。

(17)「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリック。

(18){管理」タブの「設定のコピー」をクリック。

(19)「ようこそ画面とシステムアカウント」及び「新しいユーザアカウント」を共にチェックし、[OK]をクリック。


それ以外に時刻を合せます。右下の時計より時刻をタイムゾーンをUTC +9:00 大阪、札幌、東京に合せます。

最終更新日:2015/11/30


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows Server 2012 R2 FAQ 一覧に戻る]