[トップページへ] [Windows 2003 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2003/Windows XP

137,138,139,445ポート (TCP/UDP)の役割について教えてください




Windows 95〜Windows 2000の時代には、ファイル/プリンタ共有にはSMB (Server Message Block)というプロトコルが使用されていました。

TCP/IP上で動作するSMBが主流となり、NetBIOS over TCP/IPと呼ばれています。
NetBIOSでは以下のポートが使用されています。

・NetBIOS名前サービス(137/UDP)
・NetBIOS名前サービス(137/TCP)
・NetBIOSデータグラムサービス(138/UDP)
・NetBIOSセッションサービス(139/TCP)

名前サービスはネットワーク上のマシンやサービス等を検索するために使用されます。検索にはブロードキャストやWINSが使用されます。名前が解決したら、データグラムサービスやセッションサービスにより実際にサービスを使用します。

・ダイレクトホスティングサービス (445/TCP、445/UDP)
以上以外にもWindows 2000〜XPではSMB ダイレクトホストが使用可能です。このプロトコルはNetBIOSを使用せずに通信を行います。
正確にはこれをCIFS(Common Internet File System)と呼びます。DNS等を使用して名前解決をしてから直接接続する仕様です。SMBのように段階の手順を取りません。




スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 2003 FAQ 一覧に戻る]