[トップページへ] [Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 2008

IOPS (Input/Output Per Second) のWindows Server 2008 に関するメモ



スポンサーリンク



IOPS (Input/Output Per Second) のWindows Server 2008 に関するメモ

・IOPSはコンピュータのハードディスクなどに対して1秒間に発行するIOリクエスト数(1秒あたりのI/Oトランザクション数)。

IOPS × (IOあたりのバイト数) = 転送速度(バイト数/秒)

・Windows パフォーマンスモニタの「Disk Transfers/Sec」で計測が可能。
・Windows 7で計測したところ、コピーで負荷をかけると150 〜350 (IOPS)であった。
・RAIDによりディスクを追加すると、IOPS数を上げることが出来る。

・ディスクのビジーを調査するには、別途「Avg. Disk Queue Length」を取得する。この値が常に2以上の場合は、ディスクI/Oの待ちが発生している。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 2008 FAQ 一覧に戻る]