[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

Windows 10 におけるマイクロソフトアカウントログオンでパスワードログオンより PIN によるログオンの方が安全な理由



スポンサーリンク



Windows 10におけるマイクロソフトアカウントによるログオンでは、パスワードによるログオンではなく、PIN によるログオンが推奨されています。

PINとは4桁の数字です。パスワードは長く複雑な文字列ですが、なぜPINログオンに方が安全なのでしょうか?
PINログオンは「二段階認証」が使用されます。マイクロソフトアカウントと使用しているデバイス(パソコンなど)が関連付けされ、あなたのマイクロソフトアカウントではあなたのデバイスでしかログオンできなくなります。
よってPINコードが盗まれても、他のデバイスからはログオンできません。(PINは4桁なので盗まなくても簡単に推測されてしまます)

一方パスワードは長くて複雑です。この「長くて複雑」のメリットは総当りによるパスワード推測に対してであり、ウィルスにパスワードを盗まれたり、パスワードをメモした紙(メモすること自体良くない事ですが)を盗まれたり、パスワードを入力する時に後ろから盗み見された場合などは、いくらパスワードが長くて複雑でも全く意味がありません。パスワード方式の場合はどのデバイスからでもログオン出来てしまいます。

ウィルスが蔓延し、またデバイスを公共の場所で扱う機会が多くなった今ではもはや「パスワードは時代遅れ」と言わざるおえません。

PINコード方式の認証なら、PINコードが盗まれ、かつデバイスを盗まれない限り安全です。(ただしPINと同時にデバイスも盗まれたら不正利用されてしまう点にご注意ください。)




スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]