[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

仮想デスクトップとは



スポンサーリンク



Windows 10で仮想デスクトップ機能が追加されました。
アプリケーションを起動しすぎて、画面でウィンドウが溢れてします場合があります。
そのような場合は仮想デスクトップを複数起動して、画面を整理すると便利でしょう。

例:
仮想デスクトップ1→Office 系のアプリで統一する
仮想デスクトップ2→ブラウザ系で統一する
仮想デスクトップ3→ゲームなど遊びのアプリで統一する

なお、デスクトップ上のファイルは分けることは出来ないため、すべてのデスクトップ上で同じファイルが表示されるようです。

新規で仮想デスクトップを追加する方法
(1)[Win] + [Tab]キーを押す。
(2)[+新しいデスクトップ]をクリックする。

以上で新しいデスクトップが起動されます。


仮想デスクトップを閉じる
(1)[Win] + [Tab]キーを押す。
(2)仮想デスクトップ一覧が表示されるため、閉じたい仮想デスクトップの × をクリックする。

以上でデスクトップが閉じます。

最終更新日:2015/06/30


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2016

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]