[ホーム] - [Windows 10 FAQ 一覧] - ["Windows SDK バージョン 8.1 が見つかりませんでした。" の原因と対処方法]

対象:Windows 10

"Windows SDK バージョン 8.1 が見つかりませんでした。" の原因と対処方法




【目次】


エラーの内容



VisutalStudio 2017で C++ プロジェクトをコンパイルしようとしたところ以下のエラーが発生しました。


エラー
MSB8036
Windows SDK バージョン 8.1 が見つかりませんでした。必要なバージョンの Windows SDK をインストールするか、プロジェクト プロパティ ページで SDK バージョンを変更するか、ソリューションを右クリックして [ソリューションの再ターゲット] を選択してください。
<プロジェクト名> C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\VC\VCTargets\Microsoft.Cpp.WindowsSDK.targets 46



原因


Windows8.1 SDK がインストールされていません。

対処


Windows8.1 SDK を追加でインストールします。

(1)Visual Studio 2017のメニューから [ファイル] - [新規作成] - [プロジェクト] を選択します。
(2)[Visual Studio インストーラを開く]を選択します。
(3)[個別コンポーネント]タブを選択します。
(4)[Windows 8.1SDK]のチェックをオンにします。

Windows 8.1 SDK をインストールする



(5)[変更]をクリックします。




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]