[トップ] - [Windows 10 FAQ 一覧]

対象:Windows 10

"ping: 転送に失敗しました。一般エラーです。"の原因と対処





PING送信失敗



IPアドレスを指定して実行した場合、"ping: 転送に失敗しました。一般エラーです。"のエラーが発生して失敗する場合があります。その原因と対処に関して説明します。
ちなみに英語でのメッセージは"PING: transmit failed."です。

原因と対処


これはPINGを送信する以前の問題です。実際にPINGは送信されていない可能性が高いです。IPアドレスがアサインされていない、送信先への経路がないなど根本的な問題です。

(1)IPアドレスがアサインされていない。
・以下のコマンドでIPがアサインされているか確認する。


C:\>ipconfig



DHCPの場合は以下のコマンドで IPアドレスを入手する。

C:\>ipconfig /renew



これでも入手できない場合、Wi-Fiルータを使用している場合はルータの電源がオンになっていることを確認する。ルータの電源をオン、オフしてリセットしてみる。

(2)LANカード、無線LANに異常発生
ipconfigで"メディアは接続されていません"と表示されればLANカードが抜けていたり、Wi-Fiが無効化されている可能性あり。

(3)ルーティング(経路)がない
以下のコマンドで目的のアドレスまでの経路が存在するか確認する。"トレースを完了しました。"と表示されれば経路には問題ない。

C:\>tracert <IPアドレス>

<IPアドレス> へのルートをトレースしています。経由するホップ数は最大 30 です

1 1 ms 5 ms 1 ms 192.168.11.1

トレースを完了しました。



(4)IPアドレスが無効
PINGの送信先が 0.0.0.0 など

(5)ドライバが古い
LAN、Wi-Fiドライバが古い場合に発生することが報告されています。ベンダのサイトで最新版のドライバを入手してダウンロードします。






(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]