[ホーム] - [Windows 10 FAQ 一覧] - [Microsoft Visual C++ 2005 Redistributableの正体は?アンインストールして良いもの?]

対象:Windows 10

Microsoft Visual C++ 2005 Redistributableの正体は?アンインストールして良いもの?





目的


「プログラムと機能」を見ると、"Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable" のようなものが大量にインストールされていることに気が付くでしょう。

Microsoft Visual C++ 2005 Redistributableとは何か



例えば以下のコマンドを実行することでも確認が可能です。

wmic PRODUCT get Caption,Description,InstallDate,InstallSource,Language,LocalPackage,Name,PackageName,Vendor,Version /value | findstr reside



参考:インストールされたアプリケーション一覧を取得する | コマンドバンク

答え


Redistributableとは ""再頒布可能パッケージ"の意味で Visual Studioで作成(コンパイル)したプログラムを実行する場合に必要なファイルとなります。
Visual Studio で作成されたプログラムのインストールを実行したときに、自動的に同時にインストールされてたのかもしれません。これらを削除したら一部のアプリケーションが動作しなくなる可能性はあります。

Visual Studioをインストールした場合は、インストール時に自動でインストールされます。また原則配布は自由なので、Vector などのサイトからダウンロードしてインストールすることが可能です。マイクロソフトのサイトからもダウンロードが可能です。


詳細


先ほど紹介した "wmic PRODUCT get" で詳細を確認することが可能です。以下は実行例です。
これによりインストーラーの場所やインストールされた日時、バージョン、正式名称、インストールに使用したソースなどの確認が可能です。
インストールした日付が 2017年4月27日であることが分かります。


Caption=Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable - x64 9.0.30729.17
Description=Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable - x64 9.0.30729.17
InstallDate=20170427
InstallSource=<インストールパス>\
Language=1033
LocalPackage=C:\windows\Installer\8397.msi
Name=Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable - x64 9.0.30729.17
PackageName=vc_red.msi
Vendor=Microsoft Corporation
Version=9.0.30729





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]