[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

SysWOW64とSystem32の違い



スポンサーリンク



dllなどのソフトウェアをインストールする場合、System32あるいはSysWOW64にインストールされます。
以下の目安でどちらかにインストールされます。

C:\Windows\System32 に64bit用のdllがインストール

C:\Windows\SysWOW64 に32bit用のdllがインストール

逆ではないのかと思うかもしれません。

理由:
SysWoW64は Windows on Win64 という意味で、64bit OS で Windows (32bit)を動かすサブシステムです。
よってこちらに32bitのdllがインストールされます。

逆に C:\Windows\System32 は64bitではこちらがメインになり、64bit版のdllはここに配置されます。

ただし64bit OSでも32bitアプリケーションを動かす場合は32bit dll が必要となる場合があるため、システムインストーラーによりSysWoW64に配置される場合があります。

例えば、Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージは64bit OS上でも32bit として作成(コンパイル)された場合は必要となるのでこれはSysWoW64に配置されます。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]