[ホーム] - [Windows Server 2016 FAQ 一覧] - [USNロールバックとは | 修復する簡単で確実な方法]



作成日:2019/10/10
更新日:2020/02/12
対象:Windows Server 2016

USNロールバックとは | 修復する簡単で確実な方法




【目次】


USNロールバックとは


USNロールバックとはWindows Active Directory (AD) 環境においてUSN(Update Sequence Number)の番号が小さくなってしまうこと。
この番号は複製パートナー間で互いに保有する番号であり、AD内のオブジェクトを更新するたびに値が大きくなる。
よってUSNは値が変わらないか、あるいは増えるのが原則。

もしこの値が小さくなったら、何らかの原因でデータベースが古くなったということ。(先祖返し)
複製パートナーが古いUSNを受け取った場合にADで不整合が発生したと判断され、複製が拒否される。
この現象をUSNロールバックと呼ぶ。

netlogonサービスが一時停止となり、複製が拒否されるなどの現象が発生する。

USNロールバックが発生する状況


以下のような場合にこの現象が発生する。

・スナップショットからドメインコントローラを修復した場合。ただしWindows システムバックアップやVMware などVM-Generation IDをサポートしたスナップショットツールなどドメインコントローラを正しく復元する場合はこの現象は発生しない。
・長期間ドメインコントローラを停止していた場合も場合によってはUSNロールバックと判断される場合がある。
・ドメインコントローラが正常に停止されずに破損した。

USNロールバックを修復する


一番簡単なのは、問題が発生しているドメインコントローラで降格、昇格を行うこと。
経験上、一度では修復しなかったことがあるのでその場合はもう一度降格、昇格を繰り返すとよいだろう。
もし残りのドメインコントローラに接続できない場合などは強制降格する場合もある。その場合はクリーンアップの操作も必須となる。

参考:
Windows Active Directory をリストアする方法 | 権限あり、権限なし

参考:
ドメインコントローラ正常確認コマンド


その他ドメインコントローラからADを権限なしでリストアするなどの方法が考えられる。

Invocation IDとの関係


正しいリストア(Windows Server バックアップなど)の場合は、UNCが戻っても Invocation IDが正しく設定されるので UNC ロールバックは発生しない。


参考:
USN, RID, Invocation ID, VM Generation-ID , GUIDの違い






(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2020

[Windows Server 2016 FAQ 一覧に戻る]