[ホーム] - [Windows 10 FAQ 一覧] - [IE の VBScript 機能まとめ | 危険な機能の無効化]

対象:Windows 10

IE の VBScript 機能まとめ | 危険な機能の無効化





ブラウザのVBScript機能


Edge:VBScript 機能なし

IE 11:通常モードではIE でVBScirptの機能はなし、ドキュメントモードはあり。
ただし Windows 10 Creator Update(1709)で IE のVB Script機能は無効化された。(グループポリシーあるいはレジストリで有効化も可能)

レジストリでの設定


Windows 10 Creator Update(1709)では以下の設定により有効化、無効化が可能です。


キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\3 (インターネット ゾーン内を設定)
キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\4 (制限付きサイト ゾーン内を設定)

値:140C
データ:0(DWORD)で有効、1(DWORD)で無効



参考:Internet Explorer のインターネット ゾーンおよび制限付きサイト ゾーン内の VBScript の実行を無効にするオプション
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4012494/option-to-disable-vbscript-execution-in-internet-explorer-for-internet


VBScriptの歴史


VBScriptはバッチに変わって実装された1990年代の古いBasicベースのインタープリタ言語。ただし強力な Powershell 出現によりVBScriptは使用されなくなりつつある。IE では JavaScriptのようにブラウザ上でVBScriptベースのコードを実行することが可能。ただしMicrosoft 独自であり他社のブラウザではサポートされておらず現在はほとんど使用されていない。

当時はそれほどオープンではなく、ブラウザに独自技術を搭載して業務を稼働させることやよくあった。ただし現在はIE上のVBScriptは Java Scriptに代替され、そもそもVBScriptもPowershellに代替され使われることはない。ただVBScriptは機能が豊富でそれだけ脆弱性も多く攻撃に使用されやすい。(バグを悪用して特権を取得など)
特にIE上で動作するのでユーザをIEで不正サイトに誘導してそこで不正なVBScriptを実行させて不正プログラムを動かさせるなどできてしまう。

よって使わないなら VBSciptを無効化すべき。




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]