[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

"Windows リソース保護は、修復サービスを開始できませんでした。"の原因と対処



スポンサーリンク



sfc /scannow によりWindows システムファイルに異常がないかスキャンする場合にエラーが発生する場合があります。


C:\Windows>sfc /scannow

Windows リソース保護は、修復サービスを開始できませんでした。


(英語の場合:Windows Resource Protection could not perform the requested Service or Start the Repair Service)

このエラーは「Windows Modules Installer(TrustedInstaller)」サービスが無効に設定されている場合に出力されます。
TrustedInstallerとは特別な処理を行うことが可能なサービスです。例えばUACによりadministratorでも変更できないシステム領域に対して変更を行うことができます。sfc /scannow はおそらくこのサービスの特権を使用してスキャンするのでしょう。よってこのサービスが「無効化」されていると失敗します。「手動」に設定されていれば、必要時に自動で起動されると思われます。

コマンドプロンプトでは以下のコマンドで確認することが可能です。管理者でコマンドプロンプトを開いてから実行してください。


sc qc TrustedInstaller | findstr START_TYPE



サービス管理ツールより変更する場合は以下を参考にしてください。
サービスの設定を変更する(自動、手動、無効など) | Windows 10

サービスを手動に変更してから再度 sfc /scannow を実行してみてください。


参考:
Windows Modules Installerサービスの状態(起動中/停止中)を確認するコマンド | Windows
TrustedInstaller.exeとは



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]