[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

"パスへのアクセスは拒否されました"が Powershell エディタのコード保存時に表示される





保存エラーの内容



Powershell のエディタでコードを保存しようとすると以下のエラーが発生する場合があります。

パスへのアクセスは拒否されました


具体的には "Windows PowerShell ISE"でソースを保存しようとすると以下のエラーが発生します。

<ファイル名>は保存できません。パスへのアクセスは拒否されました。

あるいは以下のエラーが表示される場合もあります。


<ファイル名>
ファイルが見つかりません。
ファイル名を確認して再実行してください。



原因


Windows Defender がローカルファイルへの書き込みを拒否しているようです。これは正しい動きです。
Windows Defenderで"許可されたアプリを追加する"で以下のアプリの動作を許可してください。

【64bit OS】
C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell_ise.exe

【32bit OS】
C:\Windows\SysWOW64\WindowsPowerShell\v1.0\powershell_ise.exe

設定方法は次のリンクを参考にしてください。

参考:
秀丸でファイルを書き込むと「ファイルの書き込みに失敗しました」

(*)"Windows PowerShell ISE"の再起動が必要です。





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]