[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

Windows10アップグレード後に画面が真っ黒になる場合の対処



スポンサーリンク



画面が真っ黒になる


Windows 10 にアップグレード後に画面が真っ黒になる場合があります。

主な原因


主な原因はディスプレイモニタドライバの問題です。画面はモニターに表示されますが、これを制御するのがディスプレイモニタドライバとなります。
Windows 10アップグレードによりこのドライバがWindows10用に変更になった可能性もあります。この問題があり画面が真っ黒になった可能性があります。

あるいはモニターがサポートしていない解像度で出力されている可能性があります。そのような場合はセーフモードにより一番基本的な解像度で起動して再現するか確認することが有効です。

主な原因


(1)出力先
アップグレードにより、モニタの出力が変更になった可能性があります。(HDMI、DVI、VGA)などそれぞれのポートに接続して画面が正常に表示されるか確認してください。
出力先が多数ある場合はそれぞれで確認してください。

(2)別出力
[Windowsキー] + [P] キーを押すと出力先が変更となります。何度かこのキーを押してモニタに出力されるか確認してください。

(3)画面の明るさ
モニタにブライトネス(輝度、brightness)の設定ボタンがある場合は上下させて画面が表示されるか確認します。
またキーボードで明るさを変更できる機器もあるので試してみます。([Fn]キーと太陽のマーク)

(4)他のモニタ
他に外付けのモニタを持っている場合はそちらに接続して解決するか確認します。

(5)セーフモード
セーフモードで起動してみてください。セーフモードでは基本的な低解像度で起動されるため、通常はこれで出力されるはずです。
(要するに高度な機能を省略して起動するため、普通はこれで問題ないはずです。)


参考:
セーフモードで起動する3つの方法

(6)イベントビューア
イベントビューアのアプリケーションログを確認して、何か問題の原因のヒントが記録されていないか確認します。
イベントビューアを確認するには、ファイル名を指定して実行より、eventvwr を実行します。

(7)ドライバの更新
ドライバを最新状態に更新します。あるいはドライバを一度削除してから再インストールします。Windows Updateあるいはモニタのメーカーのホームページで確認します。

(8)他のドライバを使用
デバイス マネージャーの[ディスプレイ アダプター]を選択します。ここで複数のディスプレイアダプタが存在する場合は、違うディスプレイアダプタを選択して改善するか確認します。

(9)不要な機器の切断
不要な機器(USBディスクやマウスなど)を切断して現象が改善するか確認します。

(10)レジストリ値
レジストリの設定が以下の通りであることを確認します。explorer.exe意外の場合は、サインイン後のシェルがデスクトップ以外のため問題が発生する場合があります。
キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値: Shell
データ: explorer.exe

(11)他のユーザ
他のユーザ、特に administrators 権限のアカウントでサインインして再現するか確認します。

(12)ハイ コントラスト モード
ハイコントラストモードの場合はこのモードをオフにして確認します。
ハイコントラストを設定する方法



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]