[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

アプリケーションのダンプファイルを生成する手順



スポンサーリンク



ダンプファイル生成


アプリケーション(プロセス)を指定してコアダンプファイル(core dump file)を手動で生成する手順を紹介します。


手順


(1)
タスクマネージャーを起動します。(タスクバーを右クリックして[タスクマネージャー]を選択します。

(2)ダンプファイルを生成したいアプリケーションを右クリックし[ダンプファイルの生成]を選択します。



以下のようにローカルファイルに保管されます。



DUPのファイル名は以下の通りとなります。
C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Temp\<アプリケーション名>.DMP

既にファイルがあると、以下のような名前で保管され、上書きされない仕組みとなっているようです。

C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\Temp\<アプリケーション名> (1).DMP

typeしてみると以下のようにバイナリファイルであることが分かります

C:\Users\username\AppData\Local\Temp>type force-crash-test-app.DMP
MDMP透?・             ト    $? ・・


一般ユーザがこのファイルを解析してアプリケーションエラーとなる原因を解析することは困難でしょう。
アドレスやメモリ構成が分かるアプリケーションの設計者(ソースを持っている)がこのファイルを解析してトラブル対応をすることができます。

Windows XP などの時代はドクターワトソン(drwtsn32.exe) がクラッシュした場合に自動的にコアダンプを生成していました。
Windows 10ではタスクマネージャーより生成することができます。


参考


アプリケーションエラーを強制的に生成するアプリを作成するには、以下のソースをコンパイルして実行することで実現可能です。

#include "stdafx.h"
#include "windows.h"

int main()
{
_asm{int 3}

return 0;
}



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]