[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

OneDrive を無効化する



スポンサーリンク



Windows 10ではデフォルト(標準)でマイクロソフトの OneDrive が使用可能です。(この機能は以前は"SkyDrive"と呼ばれていました。)
OneDriveはインターネット上のサーバでファイルを共有する機能です。様々なデバイスでアクセスが可能な点や複数のユーザで共有可能な点より便利な機能ですが、セキュリティ上不安を感じるユーザもいると思います。

OneDriveが有効化されている場合は、下の図の赤い部分のようにOneDriveのアイコンが表示されます。

このページはOneDriveを無効化する方法を紹介します。

(1)グループポリシーエディタを起動します。
参考:グループポリシエディタの起動方法

(2)以下を表示します。

ローカルコンピューターポリシ / コンピューターの構成 / 管理者用テンプレート / Windows コンポーネント / OneDrive

(3)「OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」を「有効」に変更します。
(4)[OK]をクリックします。
(5)コンピュータを再起動します。

以上でOneDriveが無効化されてWindows 10が起動されます。

以下はセキュリティポリシーからの説明の引用です

このポリシー設定を使用すると、アプリや機能で OneDrive 上のファイルを操作できなくなります。
このポリシー設定を有効にした場合、次の制限があります。

* ユーザーは OneDrive アプリやファイル ピッカーから OneDrive にアクセスできません。
* Windows ストア アプリでは WinRT API を使用して OneDrive にアクセスできません。
* エクスプローラーのナビゲーション ウィンドウに OneDrive が表示されません。
* OneDrive ファイルはクラウドとの同期状態が維持されません。
* ユーザーは "カメラ ロール" フォルダーの写真やビデオを自動的にアップロードできません。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、アプリや機能で OneDrive ファイル記憶域を使用できます。

OneDrive を無効化する



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]