[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

マクロのセキュリティを有効化



スポンサーリンク



MS-Office文書に関するマクロのエラーはセキュリティに関するマクロの設定が原因で発生します。

Word,Excelなどのオフィス文書に関して、それらが信頼できるファイル(会社内で提供されたファイルなど)の場合は、マクロの設定を有効化してファイル及びファイルのマクロを使用することができます。
逆に信用できない場所(インターネットからダウンロードなど)の場合は絶対にマクロは有効化しないでください。

Microsoft Office Access、Excel、PowerPoint、Word 2007 でマクロを有効化する方法

(1)Microsoft Office ボタンをクリック
(2)"<プログラム名> のオプション"をクリック
(3)「セキュリティ センター]をクリック
(4)「セキュリティ センターの設定」をクリック。


"警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする"が設定されている場合はすべてのマクロは無効化されています。
マクロを有効化するには以下を実行します。

(5)「セキュリティ センター」 で「マクロの設定」 をクリック。
(6)「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」 をクリック。
(7)必要に応じて開いたウィンドをクローズします。
(8)一旦プログラムを終了します。
(9)再度プログラムを起動します。
(10)再度ファイルを開きます。
リボン下のドキュメント情報バーにセキュリティの警告が表示されているはずです。
(11)「コンテンツの有効化」 をクリックし、マクロの実行を許可します。


作業が終了したら、設定を元に戻してください。マクロは非常に危険な機能であるため通常は無効化することを推奨します。
前述の手順を参考にし、"警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする" に設定を戻すことをおすすめします。

最終更新日:2016/04/24


スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]